忍者ブログ

トイレのらくがき

※携帯でコメント返信を見るにはご自分のコメント欄から最下部の[リトルミイのお返事]をクリック

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


〜ダーリン ラムネを買ってきて 二人で飲みましょ散歩道 月がのぼるまで〜

images.jpg


そこはくねくねの山道。
くねくねくね

そのくねくねをずっと見てたら気分が悪くなった。
寒気がする。
ぶるぶるぶる

ママが心配そうに僕を見つめる。
「だいじょうぶ?」

僕はもうすぐ小学生。
こんなことでママに迷惑をかけちゃいけない。
もう甘えんぼうは卒業するんだ。

ぶるぶる震える体を静かにさせる。
ぎうって抱きしめてやるといいんだよ。

「だいじょうぶ」

「だいじょうぶって言う人ほどホントは大丈夫じゃないの」

ママはキキと車のブレーキをかけた。

くねくねの山道の脇に車を停める。
ママは後部座席のドアを開け、僕の手を引っ張った。

外へ出たら空気がキレイだった。
澄んだ空気は僕をもっと最悪な状況へと導いた。

「気持ち悪い」 ・・・もう限界だった。


 

ママはしゃがみこんだ僕の背中を優しく撫でてこう言った。

「悪いモノ全部、出しちゃいなさい」

そうして僕に手渡したものはなぁに?

「これはね、魔法のお水なのよ」

見ると、魔法のお水が歌いだした。 
ぷちぷちぷち。

「さ あ 、 早 く お 飲 み な さ い 」

いつからだろう・・・
僕の中のモンスターが暴れだす。

どす黒い感情 濁った音 叫び声 激しい痛み

これらは日に日に大きくなり、僕を苦しめた。

僕は魔法のお水を一気に飲み干した。
プチプチがはじけ、僕を包む。
途端、悪いモノすべてなんやかんやが一斉に飛び出した。

僕の鼓動はどくんどくんとメロディを奏で始める。
とても気分が楽になった。
 

気がつくと、魔法のお水のビンを強くにぎりしめていた。
僕の涙が水色になって溢れ出した。 

「どう?楽になったでしょう?」

ママはいたずらっぽく笑って僕にウインクした。

魔法のお水ってほんとうにあるんだなあ。

ママは魔法使いだった。

そして、ママは僕が大人になると魔法の国へ帰って行った。

この「魔法のお水」がラムネだと気付いたのは、僕がもう少し大人になってからのお話。

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

バーコード

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- トイレのらくがき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]