忍者ブログ

トイレのらくがき

※携帯でコメント返信を見るにはご自分のコメント欄から最下部の[リトルミイのお返事]をクリック

2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ichigo.jpg


むかしむかしのお話。
私の家の隣にゆうこちゃんという女の子が住んでいました。
ゆうこちゃんはいばりんぼうのおこりんぼうでした。。
何をするのもゆうこちゃんが決め、ゆうこちゃんの気に入らないことをすると 仲間外れにされました。
遊びに行くときはゆうこちゃんの家にお迎えに行くのが決まりごとでした。

ゆうこちゃんのお父さんは働いていませんでした。
毎日、真昼間からお酒ばかり飲んでいました。

寝ていたゆうこちゃんのお父さんがむくと起き上がり、私に気付きました。
「苺なってるやろ?」
ふと見ると、玄関の前にプランターが置いてあり、苺の実が6個なってありました。

苺の実はまだ青く蒼く。

「もうすぐ赤くなるけん、食べにおいでな」
ゆうこちゃんのお父さんはそう言ってまた横になりました。

ゆうこちゃんは靴を履きながら小さな声でこう言いました。
「苺は絶対あげん。ゆうこが一人で食べるもん。」

そう言って私の腕をぎゅうとつねりました。

私はゆうこちゃんが大嫌いでした。

ゆうこちゃんを迎えに行くたびに少しずつ色づく苺を見ていました。

苺が真っ赤になったある日、
ゆうこちゃんは「明日、苺食べるんじょ」と嬉しそうに言いました。

私はその夜、こっそり家を抜け出しました。
むかったのはゆうこちゃんの家。
月明かりに照らされた苺は赤く紅く。
まるでルビーのように輝いていました。

私に迷いはありませんでした。
全ての苺を一気に口の中に放り込み、ダッシュで逃げました。

___そう、私は苺泥棒。

次の日、なぜか私が苺泥棒だとバレてしまい、
おばあちゃんが私の耳を引っ張り、ゆうこちゃんちへ謝りに行かされました。
おばあちゃんは何度も「謝りなさい」と言ったけど、絶対に謝りませんでした。
ゆうこちゃんはワンワン泣いていました。

すると、ゆうこちゃんのお父さんが出てきました。

「わいが食べてええって言うたんや。」
「なっ」

そう言って、ニカっと笑い、私の頭をワシャワシャしました。
私はずっとうつむいたままでした。

 

PR
20100729_1933843.jpg


私にうまい棒を語らせたら㊨に出るヤツァいねぇぜ。
まだ社会人としてまっとうな生活を送っていた頃のお話。

その頃の私はいつだってうまい棒を咥えていた。
女子高生のチュッパチャップスのように(ぇ

そんなうまい棒好きの仲間が私の他に2名。
「ニンニ」と「スティンキー」だ。

この日も私達はうまい棒にしゃぶりつきながら、うまい棒の魅力について、めぇいっぱい語りじゃくっていた。

そしたらやっぱり最後にはアレですよ。
うまい棒めぐってバトル勃発。

とうとう業を煮やした私はうまい棒の粉を巻き散らかしながら呟いた。

『おい、こん中で誰が一番うまい棒を愛してるかそろそろ決着つけようや』


う ま い 棒 選 手 権 開 催 !

●ルール●
うまい棒を制限時間内に何本食べれるかを競う
制限時間1時間
用意されたうまい棒120本(メンタイ/チーズ/コンポタ/タコヤキ)
水分禁止
同種類のうまい棒は10本まで


言いだしっぺは私。
負けるわけにはいかない。
やおきんの名にかけて(ぉ

〜MOON あなたは知ってるの MOON あなたは何もかも 初めて歩いた日のことも〜



 
むかしむかしのお話。
私の友達を紹介するよ。
名前は「サロメちゃん」

サロメちゃんはスーパー級のバカだった。
かけっこ一番。 給食一番。

サロメちゃんはあんまり笑わないことで有名。
ついたあだ名は「無表情バカ」
私はサロメちゃんの数少ない理解者であった。

今日のサロメちゃんはいつもと違っていた。
ひどく悩んでるご様子。

「今日のサロメちゃん、ちょっと変じゃない?」
周りの友達に聞いてみた。

「いつも変」
誰もが口を揃えてこう言った。

思い切ってサロメちゃんに聞いてみた。
「どうしたん?なんか変じょ」

サロメちゃんは思いつめた表情でこちらを数秒ほど見て、フゥーとため息をついた。
「・・・誰にも言うたらいかんよ」

な、なんだ 私は思わず息を飲んだ。

「あんな、昨日、家帰ってた時にすごいことに気がついてしもうた」
「す、すごいことって?」
「お月さんってついてくるんじょ」

!!!!!

真剣な眼差しにプーッと吹き出しそうになるが、必死にこらえる。

「ホンマで!ずっとついてくるんで!!」
「わかった、わかったって」
「走っても走っても、どこまでもついてきたわ。こわいなー。」

サロメちゃん、肩を揺らしながらの興奮度マックス。
「ほな、証明しちゃる。明日の塾の帰り作戦決行やけんな!」

私とサロメちゃんは指切りをした。

次の日、サロメちゃんは「わかっとるやろな?」という眼で私のほうを見た。
サロメちゃんは真剣だった。

 

〜人は生まれいつかまた死んでく 一瞬のその時間に群れをなす〜

2799df73.jpeg


昔々、ボクの家のお庭にはたくさんの虫達が暮らしていました。
ボクは友達がいなかったので、お庭でいつも一人遊んでいました。

ボ ク ハ ヒ ト リ ア ソ ビ ジ ョ ウ ズ

中でもアリさんが大好きでした。
アリさんが列を作ってみんなで行進しているのを夢中で見ていたボク。

アリさんを見ていると時間を忘れました。

大好きなのに、アリさんの巣に大量の水を流し込んでしまいました。

ボクはとてもとてもとても悪い子でした。

たくさんのアリさんが巣からの脱出をはかりました。
たくさんのアリさんが溺れました。

ボクは、溺れかけたアリさんを一匹だけ救って
少しだけホッとしたりしました。

アリさんはよろよろとボクの手のひらを歩きました。

この時、ボクはボクの心の中に狂気が住んでいるのだと思い知りました。


あれから何年_____

ボクの家はなくなりました。
冷たいコンクリートに変わりました。

あの時のアリさん達や、たくさんの虫達はどこへ消えてしまったのだろう。

ボクはボクの狂気が顔を出さないように今日も生きる。

バーコード

アクセス解析

| HOME
Copyright ©  -- トイレのらくがき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]