忍者ブログ

トイレのらくがき

※携帯でコメント返信を見るにはご自分のコメント欄から最下部の[リトルミイのお返事]をクリック

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


sinsi.jpg私は待っていた、ワクワクするようなことを。
だから今日も家の前のベンチで腰を下ろす。
時刻は午後5時を告げる鐘の音が教えてくれる。

家の前の道は帰宅を急ぐ車で少し混雑する。
私は行き交う車をボンヤリと見つめていた。
突然のクラクションにハッとして振り返る。
そこには黒いシルクハットをかぶり、
黒い英国風スーツを身に纏った老紳士が車の前を横切ろうとしていた。

どうやら老紳士はまっすぐ歩けないらしく、フラフラと斜めに歩いてきた。
私は咄嗟に老紳士の手を取り、歩道まで引っ張ってきた。

全身黒ずくめの老紳士は立派なロマンスグレーの口ひげをたくわえていた。
まるで昔の白黒映画から飛び出してきたような老紳士だ。
老紳士は口ひげを整えながら言った。
「いやいや、どうもありがとう」

私は会釈をして、老紳士の手をそっと離した。

「最近は車が多くなって、歩くのも一苦労です」

また口ひげに手をやる。
しかし、どうにもこうにも様子がおかしい。
私は少し感じる違和感が何なのかじっと考えていた。

そうか、これだ。
老紳士の片方の口ひげだけが異様に短いのだ。
どう見てもおかしい。
私は聞くかどうか迷ったが、思い切って聞いてみた。
「そのおヒゲどうしたのですか?」

老紳士は短い方の口ひげをなでながらこう言った。
「ちょっとした油断からだったんですよ、ええ、普段ならそんなヘマはしないのですけど・・・」

ゆっくりと歌うように話す老紳士の声に私は聞き耳を立てた。

「あれは本当にびっくりしました・・・縁側で昼寝をしていたら、どこかの子供がハサミでチョッキンとね」
「どうもあの日から方向感覚が狂ってしまいましてね、ずいぶんと長くヒゲをはやしてたものですから」
「や、そのうち生えてくるでしょう、ほっほっほっ」

冗談ぽく話す老紳士の言葉が悲しくて私は何も言えなくなった。
そんな私の些細な表情を見逃さなかった老紳士。

「どうか私を哀れみの目で見ないでください、私は上手に歩けないけれど、それでも歩いていけるのです」

老紳士の静かで力強い声が私の心に響いた。

「さて、そろそろ行かないと、仲間が待っているもので」

そう言ってまたフラフラと歩きだした。

あたりはすっかり暗くなっていた。
全身黒ずくめの老紳士はいつしか闇に同化し、夜に溶けこもうとしていた。
目を凝らしてようやく老紳士の姿をとらえた時、初めてその正体がわかった。

老紳士は黒猫だった。

その後姿は頼もしく 、なんだか誇らしげに見えた。

PR

〜ダーリン ラムネを買ってきて 二人で飲みましょ散歩道 月がのぼるまで〜

images.jpg


そこはくねくねの山道。
くねくねくね

そのくねくねをずっと見てたら気分が悪くなった。
寒気がする。
ぶるぶるぶる

ママが心配そうに僕を見つめる。
「だいじょうぶ?」

僕はもうすぐ小学生。
こんなことでママに迷惑をかけちゃいけない。
もう甘えんぼうは卒業するんだ。

ぶるぶる震える体を静かにさせる。
ぎうって抱きしめてやるといいんだよ。

「だいじょうぶ」

「だいじょうぶって言う人ほどホントは大丈夫じゃないの」

ママはキキと車のブレーキをかけた。

くねくねの山道の脇に車を停める。
ママは後部座席のドアを開け、僕の手を引っ張った。

外へ出たら空気がキレイだった。
澄んだ空気は僕をもっと最悪な状況へと導いた。

「気持ち悪い」 ・・・もう限界だった。


 

〜ヒーローを探してた・・・ ステージの上から〜

img_523977_24193328_0.jpg

 

ここは真っ暗な闇のようなところで 、私はずっとそこを浮遊していた。
最初はこの闇からどうにかして抜け出たいと思っていたが
だんだんと苦痛はなくなり 、いつしか私はここの住人になった。

何も考えず暗闇を漂うだけの日々。
お腹が空いたら少し固くなったパンをかじり、 冷めたミルクを飲んだ。
眠りたくはなかったけど、無理やり目を閉じたりした。
悪夢を見ると決まって大汗をかき飛び起きたが、 ここは悪い夢の中とさして違わぬ世界だった。

しばらくいると闇の中でも目が慣れてくる。
何もないと思ってたものが薄ぼんやりと形を帯び、視界に入るようになった。

目に映るものは汚いモノばかり。
ガラクタばかりだ。
ガラクタしか愛せない。
そんな私もまた、ガラクタだった。

「このままじゃいけない」 ふと、そう思った。

出口の見えないトンネルからようやく出る決心がついたのだ。
恐る恐るその一歩を踏み出した。

手を差し伸べてくれた人は ヒーロー。

ヒーロー見参! ヒーロー見参!!

闇に慣れ、闇そのものと化した私には、輝きに満ちたヒーローは眩しくてしょうがなかった。
ヒーローが纏っている空気に触れ、やっと呼吸が楽になった気がした。
私はその空気感に酔いしれた。

ヒーローが放つエネルギーみたいなものが、私を徐々に浄化しているのがわかった。

地獄絵図のような毎日。
クソみたいなこの私。
いいえ、クソにも値しないであろうこの私。

救ってくれたのはヒーローだった。

やがてヒーローは立ち上がる。
また闇の中で迷子になっている人達を救いに行くのだろう。

私はその瞬間を見逃さぬように必死に目を凝らした。
汚らしいものがそこらへんじゅうに犇めき合う中で、ヒーローだけをじっと見つめていた。

私の心のシャッターを切る。
目はファインダーとなり、瞬きのシャッターを切り続けた。
目に焼き付けるのだ。
心の目に。

永遠に刻まれる記憶。

ヒーローの背中には羽が生えていた。

10115848888.jpg



 
僕はいつだって自由さ
好きなときにどこにだって行ける

今日もお気に入りのこの場所へ
真っ赤なワーゲンバスの下

お腹が空くまでお昼寝をしよう
 
だけど今日はいつもと違ってた
ちょっぴり胸騒ぎがしてたんだ

コツコツコツ
僕の睡眠を邪魔をするあの音はなぁに?

コツコツコツコツ・・・
下品な音を立てて近づいてくる

僕は片目だけ開けて、静かに音の行方を追った

まるでおろしたてのピカピカの靴で、
安っぽい毛皮に身を包んだふとっちょおばさんが歩いてくる

フン!僕の天然毛皮だって負けていないさ

しかし、あれが貴婦人というものなのか・・・
想像とはだいぶ違うや・・・

この時、僕は悪い予感がしたので慌てて目を閉じた

だけど真っ赤なワーゲンバスから、5センチほど飛び出した
自慢のシッポをあろうことか思い切り、ご立派な足で踏んづけられ 僕は思わず悲鳴をあげた

「フギャ!」

悪い予感はいつも的中する
そして、決まって回避できない仕組みになっている

「まぁ、ごめんなさい」 しゃがれた声で貴婦人は言う

まだ感じるシッポの痛みと格闘しながら、僕は何事もなかったように寝たふりを続けた

ん?なんだこの匂いは!
間違いなく匂いの発信元は貴婦人で、容赦なく襲い掛かる強烈な匂いに僕は思わず息を止めた

それが香りのお水だってことを知るのはもう少しあとのお話

貴婦人はこんな風に続ける
「そうだ あなたウサギを見なかった?」

寝たふりをしていたにも関わらず、僕の体は正直で 耳だけピクンと反応してしまった

そう、ウサギには見覚えがあった・・・
 
 

バーコード

アクセス解析

| HOME
Copyright ©  -- トイレのらくがき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]