忍者ブログ

トイレのらくがき

※携帯でコメント返信を見るにはご自分のコメント欄から最下部の[リトルミイのお返事]をクリック

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


sinsi.jpg私は待っていた、ワクワクするようなことを。
だから今日も家の前のベンチで腰を下ろす。
時刻は午後5時を告げる鐘の音が教えてくれる。

家の前の道は帰宅を急ぐ車で少し混雑する。
私は行き交う車をボンヤリと見つめていた。
突然のクラクションにハッとして振り返る。
そこには黒いシルクハットをかぶり、
黒い英国風スーツを身に纏った老紳士が車の前を横切ろうとしていた。

どうやら老紳士はまっすぐ歩けないらしく、フラフラと斜めに歩いてきた。
私は咄嗟に老紳士の手を取り、歩道まで引っ張ってきた。

全身黒ずくめの老紳士は立派なロマンスグレーの口ひげをたくわえていた。
まるで昔の白黒映画から飛び出してきたような老紳士だ。
老紳士は口ひげを整えながら言った。
「いやいや、どうもありがとう」

私は会釈をして、老紳士の手をそっと離した。

「最近は車が多くなって、歩くのも一苦労です」

また口ひげに手をやる。
しかし、どうにもこうにも様子がおかしい。
私は少し感じる違和感が何なのかじっと考えていた。

そうか、これだ。
老紳士の片方の口ひげだけが異様に短いのだ。
どう見てもおかしい。
私は聞くかどうか迷ったが、思い切って聞いてみた。
「そのおヒゲどうしたのですか?」

老紳士は短い方の口ひげをなでながらこう言った。
「ちょっとした油断からだったんですよ、ええ、普段ならそんなヘマはしないのですけど・・・」

ゆっくりと歌うように話す老紳士の声に私は聞き耳を立てた。

「あれは本当にびっくりしました・・・縁側で昼寝をしていたら、どこかの子供がハサミでチョッキンとね」
「どうもあの日から方向感覚が狂ってしまいましてね、ずいぶんと長くヒゲをはやしてたものですから」
「や、そのうち生えてくるでしょう、ほっほっほっ」

冗談ぽく話す老紳士の言葉が悲しくて私は何も言えなくなった。
そんな私の些細な表情を見逃さなかった老紳士。

「どうか私を哀れみの目で見ないでください、私は上手に歩けないけれど、それでも歩いていけるのです」

老紳士の静かで力強い声が私の心に響いた。

「さて、そろそろ行かないと、仲間が待っているもので」

そう言ってまたフラフラと歩きだした。

あたりはすっかり暗くなっていた。
全身黒ずくめの老紳士はいつしか闇に同化し、夜に溶けこもうとしていた。
目を凝らしてようやく老紳士の姿をとらえた時、初めてその正体がわかった。

老紳士は黒猫だった。

その後姿は頼もしく 、なんだか誇らしげに見えた。

PR
まぁ、私には友達がいませんよ、あんまり。
旦那はんの友達ばっかりだしな。
男友達ばっかりというね。

だけども、同級生って不思議だ。
お盆に同級生と会って、一気に過去飛び越えちゃってさ。
昔はそんなに話してなくったって普通に楽しく話せるものだ。

ああ、同級生ってスバラシイ。

同級生の彼は昔のまんまだった。
ただ私の中では、当時、彼は大人びた少年だったんだな。
いつもなんだか落ち着いていたし、ゆるーい感じで。
でも、ステージの上では大人顔負けのパフォーマンスをしていた。

いつのまにか私も年をとった。
当然、彼も同じように年を重ねていた。
そして、彼は少年のような大人になっていた。

久しぶりに会った人に「キレイになった」と言われたのは初めてでした。
ええ、整形はしていません(キリッ)

たいてい「太ったな」とか「肥えたな」とかブタ扱いされるのですけども。
両方同じ意味って気づいてましたかブヒ。
グーパンチとかしていいんですかブヒブヒ。
ブタなのでグーパンできませんか。
チョキパンだな(何

まぁ、大人になった彼の優しさかもしれません。
お世辞でも嬉しかったです、とても。

そんな彼が当時、書き残した文集が見つかりました。
どうにもこうにも謎の1ページです。
当時、ものすごく衝撃を受けたのを覚えています。
もちろんいい意味で。

110818_151926.jpg

どうよ、これ!

みんな思い出話や自己紹介的なものを書くなかでコレですわよ!
素晴らしいじゃないですか。

あの日に戻りたい。
そして、なぜこのような作品を書き残したのか彼に問いたい。
小一時間問い詰めたい(ぇ

今になって、もっと話をしてれば良かったなーとか切に思うわけですよ。

うん、そしたらね、華麗にツッコミできたと思うんですよ。

110818_152710.jpg

何この無限ループ地獄wwwwwww

3歩進んで3歩下がる。

汗かいてもベソかいても歩けません(´;ω;`)

「全チーターが泣いた」


結婚おめでとう。
君がいた夏は遠い夢の中 空に消えてった打ち上げ花火

imgf183b033zik3zj.jpg
 

「あなたには忘れられない歌がありますか?」 

私には両親がいない。
父は私が3歳の時、交通事故で亡くなった。
父の記憶はない。

私は三姉妹の真ん中で、幼子を3人も抱えた母の子育てはさぞかし大変だっただろうと思う。
母は働きながら、食事やお弁当を作り、家事一切を完璧にこなしていた。
参観日には必ず3人の授業を15分ずつ見に来てくれた。
父親参観の時がイヤでプリントを破り捨て、どんな隠蔽をしようとも母はなぜか必ず来るのである。
運動会はさらに恐怖だ。
父親と走らねばならないかけっこで母が一緒に走る。
当然毎回ビリなわけで。

私は自分の境遇を不幸だと思っていたし、必死な母を恥ずかしいと思っていた。
そんな家庭にうんざりで、中学生の頃から悪い友達と遊ぶようになった。
ほとんど家へは帰らない日々が続いた。
母が汗水たらして稼いだお金を財布から抜き取っては 勉強もせず、遊び呆けていた。

でも、母は一度も怒らなかった。
何度、学校から呼び出されても母は怒らなかった。
私が学校をさぼって補導され迎えにきた時も母は怒らなかった。
ただ真っ直ぐ私を見てこう言った。

「お父さんが死んだ時、あんたはちっちゃい手で母さんの手を握り締めてな
『今日から私がお母さんを守るけんな』って言うてくれたんよ。」

もちろんそんな言葉は憶えていない。
だが、私はその手を汚してしまったのだ。

少しだけ母の頬に光るモノが見えた。
母が泣いたのを見たのはその時が初めてだった。
 
この日から悪い友達と遊ぶのをやめた。

ichigo.jpg


むかしむかしのお話。
私の家の隣にゆうこちゃんという女の子が住んでいました。
ゆうこちゃんはいばりんぼうのおこりんぼうでした。。
何をするのもゆうこちゃんが決め、ゆうこちゃんの気に入らないことをすると 仲間外れにされました。
遊びに行くときはゆうこちゃんの家にお迎えに行くのが決まりごとでした。

ゆうこちゃんのお父さんは働いていませんでした。
毎日、真昼間からお酒ばかり飲んでいました。

寝ていたゆうこちゃんのお父さんがむくと起き上がり、私に気付きました。
「苺なってるやろ?」
ふと見ると、玄関の前にプランターが置いてあり、苺の実が6個なってありました。

苺の実はまだ青く蒼く。

「もうすぐ赤くなるけん、食べにおいでな」
ゆうこちゃんのお父さんはそう言ってまた横になりました。

ゆうこちゃんは靴を履きながら小さな声でこう言いました。
「苺は絶対あげん。ゆうこが一人で食べるもん。」

そう言って私の腕をぎゅうとつねりました。

私はゆうこちゃんが大嫌いでした。

ゆうこちゃんを迎えに行くたびに少しずつ色づく苺を見ていました。

苺が真っ赤になったある日、
ゆうこちゃんは「明日、苺食べるんじょ」と嬉しそうに言いました。

私はその夜、こっそり家を抜け出しました。
むかったのはゆうこちゃんの家。
月明かりに照らされた苺は赤く紅く。
まるでルビーのように輝いていました。

私に迷いはありませんでした。
全ての苺を一気に口の中に放り込み、ダッシュで逃げました。

___そう、私は苺泥棒。

次の日、なぜか私が苺泥棒だとバレてしまい、
おばあちゃんが私の耳を引っ張り、ゆうこちゃんちへ謝りに行かされました。
おばあちゃんは何度も「謝りなさい」と言ったけど、絶対に謝りませんでした。
ゆうこちゃんはワンワン泣いていました。

すると、ゆうこちゃんのお父さんが出てきました。

「わいが食べてええって言うたんや。」
「なっ」

そう言って、ニカっと笑い、私の頭をワシャワシャしました。
私はずっとうつむいたままでした。

 

StatuteOfLiberty.jpg


旅でもしたいですね。
例えばあなたの夢の中とかネ

あ、殴りますか?

この夏行きたいところは
イタリアでぇー
ローマで休日ちっくに過ごしてぇー
ナポリでカプリ島、青の洞窟探検してぇー
フィレンツェで美術館巡りしてぇー
ベニスでゴンドラ運河ゆらゆらしたいのぉー

あ、イラっとしましたか?m9(^Д^)プギャー

まぁ、ベニスでブラブラはしたいけどな(何

願わくば、また、アメリカに行きたいです。
アメリカは最高だった。
旦那はんと旦那はんの親友と行った時のお話。

サンフランシスコの空港でポリスマンにチャカ発砲されそうになったよね。
ちょうどテロ直後だったので厳戒態勢だったわけ。
旦那はんの親友が空港でいきなり爆音の屁をこいたのさ。
「bom !!」
「ワッツ?!」
ガンマンのごとくチャカ抜いたネ。
おしっこちびりそうになったネ。
ちょっとちびったネ。
旦那はんと親友はん連行されて2時間拘束されたネ!
強制送還させられたと思ったネ。

24か!!

シアトルのコンビニで片目がビー玉、片手がフックになってる人にカツアゲされそうになった。
「マニマニ」言うてたネ。
フックで私の腕をひっかけたネ。
引きずられたちっくネ。

海賊か!!!
ヨホホ♬

ライブ会場で全身タトゥーのメキシカンに連れ去られるし。
まぁ、ビア飲んでたら未成年に間違われて連行されたってオチなんだけど。
そん時はマジどっかに売り飛ばされるかと思ったネ。

ああーアメリカ最高!(いろんな意味で)


anoguti_jugem_cc.jpg



まだ覚えているよ そうあの夏は 青、美しく儚げな空だった
まだ元気だった そうあの頃は 小さな世界でも精一杯生きていたよ

真夏の太陽ギラギラ 金魚を焼き尽くして その水を真っ赤に染めても
命の欠片を紡いで記憶を焼き付けても 生まれくる意味など知らない
金魚が溶けてくのを ただじっと見つめるだけ

ああ、終わりを告げる さよなら赤とんぼ もうあなたには誰一人気付かない
まだ覚えているよ そう青空は 燃える夕焼けに変わってしまった

真夏の太陽ギラギラ 金魚を焼き尽くして その水を真っ赤に染めても
命の欠片を紡いで記憶を焼き付けても  生まれくる意味など知らない
金魚が溶けてくのを ただじっと見つめるだけ

あなたが消えてくのを ただずっと見つめるだけ・・・

月の始まりが好きだ。
「1日」

でも1日ってだけじゃダメなんだ。
何か足んない。
月曜日じゃなきゃ。

つまりはそういうことさ。
1日の月曜日が好きなのね。

だので、「8月1日月曜日」は大好きな日だ。
始まりの始まり。

一番ナイスなのは「1月1日月曜日」だよね。
始まりの始まりの始まり。
ああー、早くやってこないかな。

月曜日は憂鬱だコノヤロウという方に魔法の呪文をお教えしますね(はぁと

「 月 曜 日 は ウ ン ジ ャ ラ ゲ ! 」

large.jpg
20100729_1933843.jpg


私にうまい棒を語らせたら㊨に出るヤツァいねぇぜ。
まだ社会人としてまっとうな生活を送っていた頃のお話。

その頃の私はいつだってうまい棒を咥えていた。
女子高生のチュッパチャップスのように(ぇ

そんなうまい棒好きの仲間が私の他に2名。
「ニンニ」と「スティンキー」だ。

この日も私達はうまい棒にしゃぶりつきながら、うまい棒の魅力について、めぇいっぱい語りじゃくっていた。

そしたらやっぱり最後にはアレですよ。
うまい棒めぐってバトル勃発。

とうとう業を煮やした私はうまい棒の粉を巻き散らかしながら呟いた。

『おい、こん中で誰が一番うまい棒を愛してるかそろそろ決着つけようや』


う ま い 棒 選 手 権 開 催 !

●ルール●
うまい棒を制限時間内に何本食べれるかを競う
制限時間1時間
用意されたうまい棒120本(メンタイ/チーズ/コンポタ/タコヤキ)
水分禁止
同種類のうまい棒は10本まで


言いだしっぺは私。
負けるわけにはいかない。
やおきんの名にかけて(ぉ

1262821_1059312556.jpg

 

綿菓子のような人に会った

ふわふわくるる

その人を纏う風は
とてもとても甘くて
近付くとトロけてしまいそうだったんだ

だからボクはなるべく距離をとった

ボクは甘いものが大好きだから
そうするしかなかった

だって きっと 触れると
溶けてなくなってしまうだろ

綿菓子のキミは
みんなをシアワセにするから
ボクは少し遠くで見てるだけでいいなって思った

甘い風に包まれながら
そんなことを思った

お空に茜色がやってきて
綿菓子のキミはピンクに染まるんだ

ボクはこの瞬間が一番好き
多分、キミが好き

ふわふわくるる。
smilks_1.jpg

 
「君って強いよね」と言われる
そんなに強くはない

「君って弱いよね」と言われる
そんなに弱くはない

「君って○○だよね」と言われると
全部、否定したくなる
あなたが創り出した僕の全部を壊したくなる

僕は天邪鬼ですね

分析されるのは苦手だ

白でもないし、黒でもない
限りなくグレーでいたい

ゼリーでもないし、プリンでもない
できればフルーチェがいい

当然Sでもないし、Mでもない
ノーマルだノーマル

そんな風に勝手に決めつけてしまわないで

宙ぶらりんの存在でいたい

僕は多分あなたが思うよりずっと変わっているでしょう
そして、あなたが思うよりきっと平凡です             

でもそれが僕の全てではないのです

天邪鬼が笑う。
 

 

バーコード

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- トイレのらくがき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]